空き時間の活用は人生にもかかわる

仕事をしている時、勉強をしている時でも、必ず空き時間というものがあるものです。そうしたちょっとした時間を活用することで、大袈裟に言えば、人生をさらに豊かにすることも可能です。たとえば、通勤や通学中の時間です。これも一種の空き時間であり、ぼーっとして過ごすよりも、是非とも上手に利用したところです。学生で勉強をしているのであれば、そのちょっとの時間を利用して新しい知識を詰め込んでみましょう。あるいは働いている人でも、その時間を利用すればいろいろなことを調べることができます。副業や転職の情報などを集めたりすることもできるでしょう。そういった時間を無沙汰に過ごすというのは、また退屈なことでもあります。退屈な時間は生きていていくらでもありますが、そういう時間をできる限り減らすということこそが、人生を豊かにするチャンスとなるのです。それはほんの些細なことでも構わないのです。人間の一生というのは時間が限られているものですから、時間を有効に活用しないというのはとても損をしていることになるのです。空き時間を利用して、読書をしてみても良いでしょう。本はどこにでも持ち運びができるものですし、また本の中には知識や学問などの神髄が描かれているものです。読書をすることによって、新たな知識を集積することにもつながりますし、時間を実に有効に活用することができます。また、読書は途中で中断をすることもできるので、ちょっとした時間にはとても最適なのです。